フォト

他のアカウント

モーションウィジェット

  • モーションウィジット
無料ブログはココログ

勉強法

2013年5月 1日 (水)

今日から5月だよー。

今日から5月。新しい環境にも慣れたころでしょう。

ところで、勉強の習慣化はできていますか?
できていないなら、今のうちに、頑張ってみよう。

習慣化するには、ある時期、意地でもやり通すことが必要です。
何が何でも、1週間。その次の2週間という具合。

そのうち、勉強が苦ではなくなり、逆にやらないとなんか変??
てな感じになるものです。

習慣化すればこっちのものなのだから、今日からでも
やってみよう。

いつするの?今でしょう(笑)!!

2012年7月30日 (月)

計画は変更するためにある??

夏休みに入って1週間余り、どのように過ごしているでしょうか。
夏休みのお楽しみもあるでしょうが、勿論、勉強も大事。
そして、今まで行き当たりばったりで勉強してきた人も
自分で自由にできる時間がたくさんある夏休みだからこそ、
必ず計画を立てて勉強しましょう。

計画を立てる際に大切なのは、以前の記事にも書いたように
「持続可能性」だと思います。
だから、まず学習に関しては「最低これだけは」を決めておくこと。
「持続可能」なように、どんなに調子が悪くてもこれだけはできる
というものをそれぞれの科目について挙げておきましょう。
それを各曜日に割り当てます。
「これだけは」が挙げられないときは、
学校の宿題などを完了予定日を決めてそこから逆算するといいでしょう。

そして、ここからが重要ですが、計画を実行して行く中で、これは無理だ
と思ったら、自分の努力不足を嘆くのではなく、計画の変更をすぐに
実施してみて下さい。
とにかく、実行可能で持続可能なものでないと意味がない。

最初、慣れないときは、この実行→修正のリズムがなかなか取りづらい
ものですが、だんだんと慣れてくると、うまく回っていきます。
また、計画そのものも自分に合った、納得のいくものができてくるはずです。

計画は、絶対達成しないといけない、堅苦しいものではなく、
むしろ、変更するために、一応の指針として作るものだと
心得ましょう。

2012年7月 6日 (金)

ノートの取り方。

いわゆる、勉強ができる人は、ノートの取り方もうまい。

最近は、学校の授業でさえノートを取らない人が多いらしい。
その授業自体も、プリントで大切なことをまとめてある事が多く、
わざわざノートを取らなくても、ということなのだろうが・・・。

しかし、
聞いたことを自分なりにまとめていくことは、その後の人生でも
とても役に立つスキルになる。

また、
授業への集中度も増すので、やはり、重要項目は板書を
ノートすべきだ。

ノートは、
見開きの左側には、
板書のノートや授業中先生が強調したことなどを書く。
そして、右側は大胆に明けておくこと。
これは、自分で見直したとき、計算をやり直したり、自分なりのメモを書いたり
覚えるために書き出すスペースにする。また、ここに書きこむときには、
大切だと思うことをなるべく赤ペンを使って書くといい。
再々の見直しの時の印になる。

以上、大体の概観だが、ノートの書き方はある程度自己流でいい。
しかし最初は、先輩や学校・塾の先生にチェックしてもらい、
改良しながらベストなものを作っていくといいだろう。

2012年6月11日 (月)

おおまかから細かくへ。

社会は暗記がすべてと言っていい科目です。

興味のあるものなら教科書を読むだけでも、
内容がすんなり頭に入るかもしれませんが、
興味がない場合に教科書を読むことは、
催眠術を掛けられたときと同じ結果になりかねません。

そこで、まず問題を解いてみることをお勧めします。
いきなり問題?と思うかもしれませんが、
ほとんどの問題集では、内容の要項が単元の冒頭にまとめられているので、
60%くらいは、それを見ながら解けます。
わからないところも、すぐに解答を見て、解答欄を埋めよう。

このときは、興味があろうが無かろうが頑張ってやらなければなりません。
えいっと、気力でやってしまおう。

次に、やった単元の教科書の該当部分を読んでみます。
すると、一度はやった用語が出てくるので、サクサク読み進められるようになります。

そして、最後にもう一度問題を解く。このとき間違ったり、わからなかったりした
用語は、ノートに書き出しておく。すきま時間を見つけて、見直すためです。

以上を繰り返せば、社会も得意科目です。ヽ(´▽`)/

ただ、これを実行するためには、問題集が、小項目で編集されている必要がある。
例えば、シグマベスト基礎問題集(文英堂)等です。自分で探すのが難しければ、
学校の先生や塾の先生に薦めてもらおう。
また、結構時間のかかる方法なので、1週間のうち社会科の日を決めて
2時間くらいはやりましょう。

おおまかにとらえ、徐々に詳細へという、効果のある勉強法の
マルの流社会科への応用です。

2012年5月30日 (水)

気分一新は自分で作り出すもの☆彡

梅雨空の下、なんとなく気分も晴れない今日この頃ですが、
そんな中の晴れ間は、いつになく青空が高く、より青く見えるから不思議です。

結局気分を切り変えるときには新鮮さが伴うという事でしょうか。

勉強も、一本調子でだらだら続けるより、細切れにテンポよく行って、
気分を一新させながらの方が効果が上がると思います。

塾での指導時間内は、勉強する環境一本でもあるので、
長い時間も苦になりませんが、家庭学習の時は、誘惑も多く、
単調な時間を過ごすと勉強にも身が入らなくなります。

そこで、細切れにした勉強時間(だいたい40分位がいいと思いますが)
の間には、テレビなり漫画なりゲームなりを
勉強した分のご褒美として入れて行く。
(だからテレビの番組は録画して見ることにして、
細切れに見られるようにするのがいい)

勿論、勉強の時間よりご褒美が主になると困るので、
ご褒美時間は10分位にして、続きがあるなら、
次の勉強時間をこなした後のお楽しみにしながら勉強します。
すると、自分でも驚くほど勉強に集中できると思いますよ。

ぜひ、こんな風に新鮮さを失わない工夫をしてみてください。

2012年5月21日 (月)

間違えたからこそ学べることもある!!

間違えないように慎重に進めるのも大切ですが、
間違えたからこそ学べることもあります。

間違いを学びにするには、
間違えたか所を消さない事。
修正は必ず赤ペンを使うこと。
間違えたか所の前後をもう一度最初からやり直すことです。

これは、生き方にも通ずるかもしれません。

間違いや失敗は早く忘れた方が気持ちは安定しますが、
それと向き合わなかったことで、同じことを繰り返してしまう。

だから間違いや失敗は心の赤ペンでチェックして、
やり直すことで新しい道を見つけ、結果、
気持ちの安定を目指す方が絶対いいと思います。

2012年5月 7日 (月)

物理は難しい?

物理は難しい?

そうですね。確かに難しいです。
日常の現象も,少数の法則に還元して説明する,抽象性の高い科目ですから,
難しいのも当然です。

それに,数学の素養も絶対に必要です

学校の授業や,教科書を読んで,すぐに理解できる人は
本当に頭のいい,ある種天の才を持つ人でしょう。
だから,次のように割り切って勉強した方がいい。
「1回でわかるはずがない」

1回でわからないならどうするか。
2回,3回,教科書を注意深く読む。勿論,数式が出てきたら
それをちゃんと追いかける。

そして,次が大切ですが,とにかく,その項目の問題を解いてみることです。
解いていく中で,法則なり考え方なりがだんだんと,見えてきます。
「どうせ,私の頭じゃ無理だ」と決してあきらめない事も大切です。

これは,保証しますが,必ずわかるようになります。

さらに,どうしてもわからないときには,学校や塾の先生に聞くこと。
自分であれこれひねくりまわしても,物理の学習に限れば,マイナスです。
よく理解している人に納得いくまで説明してもらおう。

物理は難しいけれど,簡単かもと思えるようになるまで頑張ろう。
そうなれば,パターンの限られた物理は得点源になります。

2012年5月 5日 (土)

自分で調べることの大切さ。

わからない事を,すぐに人に聞いて解決しようとする人がいます。

でもそれでは,大切な知識が頭の中を素通りするだけで,
記憶に残ってくれません。

なるべく,自分で調べて解決する癖をつけましょう。
そうやって,調べていく過程に記憶を留めさせる効果があると思います。

さらに,それをノートに書き出すとか,関連することを2~3個,
同時に調べるとかしてみると,後の記憶の取り出しにも有効です。

結局,苦労して得たものが本物になるということですね。

さあ,自分で調べる癖をつけよう。

2012年5月 4日 (金)

弱点を見つけたら。

勉強をしていると「どうしても,これができない」という
弱点が見つかります。

できる子とできない子の違いは,この“弱点”を見つけた時の
対処の仕方にあるのです。

“弱点”を見つけたら,避ける事無く,徹底的にこだわりましょう。
先生や友達に聞いたりし,なんとか進めるようにして,
似た問題を少なくとも3問位はやるべきです。
これは,他のものを差し置いてでもやるべきです。

“弱点”ヶ所をやると時間がかかるし,気持ちも重くなり,
こんな時に限って,他のところが妙に気になったりするものです。
しかし,ここは「よっし!!」と気張って,乗り越えよう。

弱点を徹底的にやることで,実は,自分なりの勉強法,
他の攻略にもつながる,知識の獲得法を学んでいることになります。

弱点を見つけたら,徹底的にこだわり,攻略していこう

2012年4月30日 (月)

文法は大切です。

英語の勉強は,単語を覚えて,基本的な表現をなるべく多く書いたり声に
出して覚えるというのが一般的でしょう。語学の学習には,勿論,有効な勉強法です。

しかし,小さい時からどっぷりと英語を聞く環境に浸かっている人にはいいのですが,
普通に日本で生活している中学生や高校生のとってこの勉強法は難行苦行なのでは?

だから,まず文法に力を入れる勉強法もありだと思います。
生徒に聞くと,いろいろと悪名高い英文法ですが,
確かに重箱の隅をつつくような,そんな文法を覚えても仕方がありません。

ただ,文を文として構成するための最小限の中学~高校初級程度の
文法はしっかりやっておくべきです。

そのために,基本的な文法の問題集を1冊,何度も繰り返しやりましょう。
基本例文を覚えるくらいやったら,自然と身に着くはずです。

あれこれと,たくさんやる必要はありません。1冊でOK。
その後,長文読解やリスニングなどやってみると,英語力の付いた
自分に気づくはずです。

やっぱり,文法も大切なのだ