フォト

他のアカウント

モーションウィジェット

  • モーションウィジット
無料ブログはココログ

« 2015年6月 | トップページ | 2016年2月 »

2015年9月

2015年9月 1日 (火)

「正義」と「非正義」

 動画配信サービスで『ソロモンの偽証-前編』を見ました。ミステリーものです。原作は宮部みゆき ―ミステリーだけでなく時代物・ファンタ―ジーといろいろなジャンルの小説を書く作家― で、特に私は、時代物が好きで読んでいますが、『ソロモンの偽証』は長編(単行本は3部作、分厚い3冊となっています)で、読みたいと思いながら、ついぞ読んでいませんでした。という訳で、期待しながら見たのですが、後編はまだ見ていませんけれど、お勧めです。面白い。

 その内容は見ていただいてのお楽しみとして、ここでは視聴しながら感じた事を書きたいと思います。それは「正義」の相対性ということです。塾にも置いてある漫画の『ワンピース』の隠れたテーマの一つでもあると思うのですが、人は自分に「正義」があると感じたとき勇気も湧き、積極的に行動し、粘り強く目標達成まで突き進むことができます。ところが「正義」の裏には「非正義」があり、その「非正義」から見れば「正義」こそ「非正義」であるわけです。例えば、殺人のような絶対的な「非正義」もあるのだから、絶対的な「正義」もあるのだとの意見も聞こえそうですが、それとて、「悪は滅びるべし」と子ども向けのTV番組でも、悪ものが殺されて万事解決となるわけですから、殺人は絶対的な「非正義」にはなり得ないことがわかる。そういった意味では、近年のアメリカの戦争は民主政治という「正義」のために、死ななくていい多くの人々の命を奪う「非正義」が行われている様に思えてなりません。

 それでは「何が本当に正しいのか」ですが、これはそれぞれの「正義」を認め合う中で、妥協点を見いだし進むことなのではないでしょうか。法律という名の「正義」もそういう風に成立したものです。だから今の安保法制における憲法解釈のように、その時々で変わるものなのでしょう。

 とすると、それぞれの「正義」を認め自分の「正義」と突き合わせながら、かといって自分の「正義」を捨てることなく生きていくことが、賢い生き方だといえると思います。

 そこで、我田引水となってしまいますが、賢く生きるために、それぞれの「正義」を認めながら、自分の「正義」を持ち続ける力を付けるには、まず、修学時の「勉強」が大事だと思うのです。意識さえすれば、いろいろな分野の思想・考え方を学べ、ほぼ生活のすべてをそれらを吸収するために使える、貴重な時間が与えられているのです。知ることで、自分の立ち位置を決められます。知らなければ、他を認めるこはできません。そう考えれば「こんなの将来、役にたたんやっしー」などという後ろ向きな言葉など一蹴されるでしょう。 ―そう言えば、鹿児島県の知事が、女の子にはsin,cos,tanなど必要ないと暴言を吐いたそうですが、勉強の目的は将来使うか使わないかという実利だけではないはずですよね。―

 ということで、勉強の意義など考えながら(答は一つではないとわかっているからこそ)しっかり、指導していきたいと思う秋の夜長です。

« 2015年6月 | トップページ | 2016年2月 »