フォト

他のアカウント

モーションウィジェット

  • モーションウィジット
無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月30日 (水)

気分一新は自分で作り出すもの☆彡

梅雨空の下、なんとなく気分も晴れない今日この頃ですが、
そんな中の晴れ間は、いつになく青空が高く、より青く見えるから不思議です。

結局気分を切り変えるときには新鮮さが伴うという事でしょうか。

勉強も、一本調子でだらだら続けるより、細切れにテンポよく行って、
気分を一新させながらの方が効果が上がると思います。

塾での指導時間内は、勉強する環境一本でもあるので、
長い時間も苦になりませんが、家庭学習の時は、誘惑も多く、
単調な時間を過ごすと勉強にも身が入らなくなります。

そこで、細切れにした勉強時間(だいたい40分位がいいと思いますが)
の間には、テレビなり漫画なりゲームなりを
勉強した分のご褒美として入れて行く。
(だからテレビの番組は録画して見ることにして、
細切れに見られるようにするのがいい)

勿論、勉強の時間よりご褒美が主になると困るので、
ご褒美時間は10分位にして、続きがあるなら、
次の勉強時間をこなした後のお楽しみにしながら勉強します。
すると、自分でも驚くほど勉強に集中できると思いますよ。

ぜひ、こんな風に新鮮さを失わない工夫をしてみてください。

2012年5月21日 (月)

間違えたからこそ学べることもある!!

間違えないように慎重に進めるのも大切ですが、
間違えたからこそ学べることもあります。

間違いを学びにするには、
間違えたか所を消さない事。
修正は必ず赤ペンを使うこと。
間違えたか所の前後をもう一度最初からやり直すことです。

これは、生き方にも通ずるかもしれません。

間違いや失敗は早く忘れた方が気持ちは安定しますが、
それと向き合わなかったことで、同じことを繰り返してしまう。

だから間違いや失敗は心の赤ペンでチェックして、
やり直すことで新しい道を見つけ、結果、
気持ちの安定を目指す方が絶対いいと思います。

2012年5月15日 (火)

今日は沖縄本土復帰40年。

大学に進学のため沖縄に来て30年。
その当時は、本土復帰10年でした。

この30年沖縄の町並みは、見違えるほど変わりました。
個人的には、昔の雑然とした感じが好きですが・・・。

しかし、やはり問題は米軍基地、それと治外法権的な
地位協定。30年前とちっとも変っていません。

思い出すのは、鹿児島から沖縄へ来る時、親戚に
「沖縄ではみんな英語で話すらしいよ」と本気で言われたこと。
日本人、沖縄人と差別的に、自分の周りの本土の人々が、
本当に普通の人々が、考えていたこと。

基地の現状を見れば、現在もあの頃とほとんど変わっていないように
思います。

ただ、本土の人だけが悪いのかというと、そうでもなく、
うちなーんちゅの大多数が、その日暮らしで、目の前の事だけにしか
関心を持たないのも原因の一つなのではと思います。
大らかでいいと言えばいいのかもしれませんが、
いろいろな運動も継続的なうねりにならない。

少なくとも、今の中高生が活躍する10年後には、
問題解決の道が大きく開かれればと願います。

2012年5月 7日 (月)

物理は難しい?

物理は難しい?

そうですね。確かに難しいです。
日常の現象も,少数の法則に還元して説明する,抽象性の高い科目ですから,
難しいのも当然です。

それに,数学の素養も絶対に必要です

学校の授業や,教科書を読んで,すぐに理解できる人は
本当に頭のいい,ある種天の才を持つ人でしょう。
だから,次のように割り切って勉強した方がいい。
「1回でわかるはずがない」

1回でわからないならどうするか。
2回,3回,教科書を注意深く読む。勿論,数式が出てきたら
それをちゃんと追いかける。

そして,次が大切ですが,とにかく,その項目の問題を解いてみることです。
解いていく中で,法則なり考え方なりがだんだんと,見えてきます。
「どうせ,私の頭じゃ無理だ」と決してあきらめない事も大切です。

これは,保証しますが,必ずわかるようになります。

さらに,どうしてもわからないときには,学校や塾の先生に聞くこと。
自分であれこれひねくりまわしても,物理の学習に限れば,マイナスです。
よく理解している人に納得いくまで説明してもらおう。

物理は難しいけれど,簡単かもと思えるようになるまで頑張ろう。
そうなれば,パターンの限られた物理は得点源になります。

2012年5月 5日 (土)

自分で調べることの大切さ。

わからない事を,すぐに人に聞いて解決しようとする人がいます。

でもそれでは,大切な知識が頭の中を素通りするだけで,
記憶に残ってくれません。

なるべく,自分で調べて解決する癖をつけましょう。
そうやって,調べていく過程に記憶を留めさせる効果があると思います。

さらに,それをノートに書き出すとか,関連することを2~3個,
同時に調べるとかしてみると,後の記憶の取り出しにも有効です。

結局,苦労して得たものが本物になるということですね。

さあ,自分で調べる癖をつけよう。

2012年5月 4日 (金)

弱点を見つけたら。

勉強をしていると「どうしても,これができない」という
弱点が見つかります。

できる子とできない子の違いは,この“弱点”を見つけた時の
対処の仕方にあるのです。

“弱点”を見つけたら,避ける事無く,徹底的にこだわりましょう。
先生や友達に聞いたりし,なんとか進めるようにして,
似た問題を少なくとも3問位はやるべきです。
これは,他のものを差し置いてでもやるべきです。

“弱点”ヶ所をやると時間がかかるし,気持ちも重くなり,
こんな時に限って,他のところが妙に気になったりするものです。
しかし,ここは「よっし!!」と気張って,乗り越えよう。

弱点を徹底的にやることで,実は,自分なりの勉強法,
他の攻略にもつながる,知識の獲得法を学んでいることになります。

弱点を見つけたら,徹底的にこだわり,攻略していこう

2012年5月 2日 (水)

究極の幸せとは(?_?)

究極の幸せとは何でしょう

思うに,「万事が自分の思う通りに運ぶこと」ではないでしょうか。

いやいや,「誰かの愛を感じること」でしょう
という人もいるかもしれません。
しかし,考えてみてください。愛してもらうのも,
自分が愛してもらいたい人に愛されたいのです。
全く予期しない人からの愛は,場合によっては迷惑に感じるものです。

それでは,「万事が自分の思う通りに運ぶこと」はあるのでしょうか
答えは,Noです。そんなうまく行く訳がない。(;д;)
そこで,重要なのが「自分を変える」ということになるでしょう。

もう,どうしようもないという事態に陥ったときの話ですが,
状況や環境に合わせて自分を変えてみるのです。
そして状況・環境を,自分を変えることで自分の思う通りに運ぶようにする。

決して,周りに合わせて“おもねる”ということではありません。
要は,妥協し,迎合するのではなく,進まぬ状況等を
自分を変えるチャンスととらえるのです。

場合によっては,あれこれ手を尽くすのではなく,静観するのも
自分を変えることになるのではないでしょうか。
事態の推移を決してあきらめる事無く,じっと見守る。
じっと静観などというのは,なかなかできない事ですが,
その内,環境や自分の心のスイッチが切り替わり,
その結果,自分の思い通りに事が運ぶ。こんなこともあると思います。

究極の幸せとは,それを得るための,絶え間ない自己変革の
中にあるのかもしれません。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »